学歴社会は昔に比べてかなり緩和されたとはいえ、まだまだ残っていますよね。
大卒の中でもどこの大学出身か、という差別があるのはよく聞く話です。
そして大卒の人と高卒の人では初任給に差が出るという企業もあるくらいです。
さらに中卒の人はもっと差がついてしまうそうです。
お仕事を選ぶ際、採用基準に「大卒」と書いていれば、残念ながら短大卒でも資格はありません。
高卒だと残念ながら職業が限られてくるところも事実ですが中卒ならなおさらですね。
しかし、私なんて中卒だから大したことできない・・・と、あきらめるのはまだ早いのです。
関西で絶大な人気があり、全国でも有名なある飲食大会社の社長は、中学しか卒業しておらず、見事にその企業を成功させています。
それだけでも立派ですが同窓会で学歴をばかにされた事から、50代になってから誰にも内緒で夜間高校に通い、高校卒業の資格を取ったのです。
高卒の資格が取れたのだから、大卒の資格も取れるだろう!ということで、彼はそのまま関西ではトップレベルの大学に入学し、見事卒業しています。
あのジョニー・デップだって高校を卒業していません。
日本でも高校を卒業していない芸能人はごまんといます。
彼らは自分の才能を最大限に伸ばし、学歴があっても手に入らないような生活を手に入れ、高学歴な人よりずっと誰かを笑顔にしたり、誰かの憧れの存在になったり、人に影響力を持っていたりするのです。
全ては自分次第です。
学歴がコンプレックスなら、高卒、大卒の資格を取ってみてはいかがでしょうか。
「もう年だから」そんな考えをするのは日本人くらいなので、もっと視野を広げ、自分の可能性を試しましょう。