テレビドラマの話ですが、中卒の検事を扱う物語が話題になりましたよね。
型破りの主人公が検事役で縦横無尽に活躍するというお話でした。
彼は高校中退、つまり最終学歴は中学卒業です。
しかし、努力の結果司法試験に合格し検事になったという経歴も、このドラマをワクワクさせる要因になっているようです。
現実の世界では、ほとんどの企業が採用条件として高卒以上を要求しています。
ですので、中学しか卒業していない人は、職場を選ぶ際に制限を感じているのではないでしょうか。
いくら実力や能力があっても、学歴で最初にはねられてしまうの今のシステムは満足できないものでしょう。
本来、企業側も出来るだけ優秀な人材を求めています。
しかし、採用にかかる時間やコストを考えると、最初の段階で学歴というフィルターである程度ふるい分けせざるを得ないというのが現状です。
このような現実を踏まえて、本当に実力で勝負したいと考えている中卒の若者におすすめのお仕事があります。
それは士業の資格を取得することです。
このドラマの主人公と同じように学歴に関係なく取得できる資格を手に入れれば、堂々と戦うことができるようになります。
検事や弁護士になるためには司法試験をパスしなければなりません。
他にも、公認会計士や司法書士、行政書士といった資格もあります。
これ以外にも学歴に関係なく受験できる資格はたくさん存在します。
道のりは厳しいですが、働きながら勉強することはできます。
努力を重ね、何かの資格を取得して堂々と独立できる可能性もあります。
そして、ドラマの主人公のように、自分は中卒なのに司法試験に受かったんだと堂々と言える事ができるでしょう。